大和郡山市・慈光院庭園の風景 慈光院は寛文三年(1663)当地の大名であった片桐石見守貞昌(石州)が、大徳寺百八十五世玉舟宗はん(大徹明應禅師)を開山に迎え、父貞隆(慈光院殿雪庭宗立居士)の菩提寺として自分の領地内に建立した臨済宗大徳寺派の寺院である。茶人でもある石州が造る境内全体は一つの茶席の風情が感じられる演出が残されています。三百年以上の歳月を越えて現存する庭園と建物(重文)をご覧ください。なを、座敷ではお抹茶もいただけます。
アクセスカウンター
関連ページ 「今月の特選画像集」より 「矢田寺・あじさい園の開花風景」
        
「Photo 3D集」より  「矢田寺・あじさい園の3D(立体)風景」    
                           
操作方法は自動スライド時:下部「スライドショウ自動」をクリック。手動スライド時:下部サムネイル画像をクリック。(大きい画像は左クリックで閉じる。右クリックで次へ)

inserted by FC2 system