アクセスカウンター
一休寺(酬恩庵) 一休寺は京田辺市薪にあります。一休さんが京田辺市薪の酬恩庵に住まわれたのは、室町時代中ごろの、1456年(康正2年)の、63才のころでした。そして、同じく室町時代の1481年(文明13年)11月21日、88才で亡くなられるまでの約25年間、一休寺は晩年の住み寺となりました。今回、久しぶりに初夏の一休寺を尋ねましたので更新しました。
下の小画像をクリックし。別画面で大きな
画像が出ます。大画面下部から矢印(←及び→)先きのリンクをクリックしてください。   
関連ページ 一休寺(酬恩庵)のHP
「Photo 3D 集」より 「一休寺のステレオ写真」       
 
1.総門(そうもん) 2.総門からの参道 3.拝観受付と三本杉 4.三本杉の風景 5.御廟所・方丈への参道 6.菊ご紋越しの御廟所
7.方丈南庭からの御廟所 8.庫裏への前庭風景 9.庫裏内部・玄関の様子 10.庫裏の囲炉裏 11.庫裏・玄関横の茶室 12.方丈前の縁側
13.方丈庭園・南庭(1) 14.方丈庭園・南庭(2) 15.方丈庭園・東庭 16.方丈庭園・北庭(1) 17.方丈庭園・北庭(2) 18.方丈・禅師木像安置室
19.本堂への参道 20.本堂の風景 21.開山堂 22.一休禅師像 23.一休少年像 24.鐘楼
inserted by FC2 system